競売入札代行サービス
 

当社は「入札価格の3%」で物件調査・入札事務代行・占有者の明渡しまでの全て責任を持って行なわせて頂きます。

(但し落札価格が1000万円以下の場合は一律30万円(占有者に渡す引越費用等実費は別途)落札できなかった場合は無料です)

競売不動産を落札している殆どは、競売専門不動産業者なのが現状です。

その落札された競売不動産が最終的に一般市場に流通するまでに約20%以上の利益のほかに、様々な経費や税金等が上乗せされています。

まず、競売で落札された不動産は落札人名義での登記が義務付けられているので、落札した業者は登録免許税と不動産取得税を支払わなければなりません。

そして最終的に一般消費者に転売した時に、再度同じ税金が今度は一般消費者に掛かっているのです。

また、競売専門不動産業者は落札した不動産を自社で直接販売することは少なく、一般的に売買仲介不動産業者に仲介料を払って売却を依頼します。
その場合はそこに仲介手数料が発生してしまいます。

以上のようなことから、競売で落札された不動産は、落札価格より約30%以上高い価格で一般市場で流通しているのです。

上記の通り、一般消費者が直接入札に参加すれば、一般流通価格より約20%以上安く購入できる可能性があるのは言うまでもありません。

しかし、競売の知識も経験もない一般消費者が単独で入札に参加するには様々なリスクを伴うことになります。

リスクの高い競売物件でも当社に代行をお任せしていただければ、安心して競売不動産を入手することができるのです。

入札から不安で煩わしい占有者との立退交渉までを当社が代行することにより、安心して競売不動産を購入できる入札代行サービスをご利用ください。





入札の流れ 競売の知識 各種費用等 お問い合せ
 




任売
用語集
競売入札代行サービス